2014年07月30日

8月1日『前夜/前線』刊行記念トークイベントのお知らせ

「 クリティカル・アーカイヴ vol.2  前夜/前線 Critical Perspectives on World War II and Painting 」
研究冊子刊行、トークイベント開催のお知らせ



このたび、ユミコチバアソシエイツでは、20世紀絵画を独自の視点から論じた研究冊子「クリティカル・アーカイヴ vol.2 前夜/前線 Critical Perspectives on World War II and Painting」を刊行いたします。
シリーズ2回目となる今回は、「戦争と絵画」をテーマに、批評家、美術家、学芸員、美術史家として活動している沢山遼、石川卓磨、弘中智子、河本真理の各氏を迎え、それぞれの見解を持ち寄り、日本と西洋の20世紀絵画の再検討を行います。 香月泰男、浜田知明、福沢一郎そしてヴォルスといった、主として1930年代〜50年代に第二次大戦を通して新たな絵画的諸問題に直面した画家たちの実践が取り上げられています。

尚、刊行を記念して、全執筆者が参加するトークイベントを開催いたします。今回は特に熱いトークが繰り広げられることと思います。
ぜひ、ご参加ください。

【トークイベント Session 4:「前夜/前線」刊行記念―ヴォルス論を中心に】
沢山遼×石川卓磨×弘中智子×河本真理
日時:2014月年8月1日(金)19:00-21:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
参加費:500円(レジュメ付)
*事前予約制
*当日に限り、研究冊子を特別価格2,500円(税別)で販売いたします。

<お申し込み方法>
件名「前夜/前線トークイベント」、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(20 名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

*プロフィール等、詳細はプレスリリースをご覧ください。

【新刊 『クリティカル・アーカイヴ vol.2 前夜/前線 Critical Perspectives on World WarUand Painting 』 】
「限界経験と絵画の拘束――香月泰男のシベリア」沢山 遼(美術批評)
「戦争と銅版画―浜田知明の「戦争」画について」石川卓磨(作家、美術批評)
「福沢一郎と戦争 ―絵画と研究所― 」弘中智子(板橋区立美術館学芸員)
「ヴォルス ――戦争/収容所/綜合芸術作品」河本真理(美術史家、日本女子大学教授)
発行:ユミコチバアソシエイツ
発行日:2014年6月22日
仕様:A5サイズ、本文160頁、和英表記
販売価格:2,800円(税別)
協力:(株)ヒューリスティック http://www.heuristic.com/


【お問い合わせ】
ユミコチバアソシエイツ Yumiko Chiba Associates 
〒160-0023東京都新宿区西新宿4-32-6パークグレース新宿#316
Tel:03-6276-6731
Fax:03-6276-6738
URL:http://www.ycassociates.co.jp
e-mail:info@ycassociates.co.jp
posted by makomoto at 08:26 | TrackBack(0) | 講演のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402862662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック