2007年06月30日

渋沢・クローデル賞(ルイ・ヴィトン・ジャパン特別賞)受賞

『切断の時代‐20世紀におけるコラージュの美学と歴史』
(ブリュッケ、2007年)

河本真理
(京都造形芸術大学比較藝術学研究センター准教授)著が

2007年度
第24回渋沢・クローデル賞
ルイ・ヴィトン ジャパン特別賞に選出されました!

<渋沢・クローデル賞について>

日仏会館が創立 60 周年を迎えましたのを機に、創立者 2 人を記念して、
会館と毎日新聞社との共催で、渋沢・クローデル賞が創設されました。
これは日仏両国において、それぞれ相手国の文化に関してなされた
すぐれた研究成果に対して贈られます。

a006.jpg








↑クリックすると拡大します。



表彰式は7月3日に東京恵比寿の日仏会館で行われました。

第24回渋沢・クローデル賞表彰式 毎日新聞 2007年7月4日29面
↑クリックすると拡大します。


主催 日仏会館、毎日新聞社
後援 駐日フランス大使館、渋沢栄一記念財団
協賛 ルイ・ヴィトン ジャパン カンパニー


ネット書店へのリンク  → http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4434101625/nagatabi-22

                                           → http://www.bk1.jp/product/02751683?partnerid=02goo04
                                           → http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031835303&Action_id=121&Action_id=121&Sza_id=GG

posted by makomoto at 22:12 | TrackBack(1) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46302339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

姉の本が渋沢・クローデル賞(ルイ・ヴィトン・ジャパン特別賞)受賞♪
Excerpt: 私の姉、河本真理(京都造形芸術大学比較藝術学研究センター准教授)が書いた本『切断の時代‐20世紀におけるコラージュの美学と歴史』(ブリュッケ、2007年)が2007年度 第24回渋沢・クローデル賞のル..
Weblog: 『河本ぼあらの地球はまあるいよ』 女ひとり世界一周旅日記の作者ブログ
Tracked: 2007-07-02 21:37